次々と建設されるマンション、その中から自分にあったマンション選びを指南するサイト『マンション選び指南』

●●●間取りのポイント●●●

【各部屋】

書斎、子供部屋、寝室など、必要な部屋とそこに配置する家具類を考えておきます。
そして実際に家具を置いたイメージを浮かべ、1部屋ずつしっかり見て回りましょう。
あらかじめ計画を立てておけば、そのマンションが本当に自分の生活にあったものか、
わかりやすくなります。

【ダイニング、リビング】

電話台の位置、エアコンをつける位置、高さは充分か確認しましょう。
対面キッチンカウンター前のは十分な広さがあるかも注意してください。
カウンター前に十分な空間がありませんと、大きいサイズのダイニングテーブルが
置けなくなります。

【注目】名古屋の業務用エアコン
業務用エアコンの販売・修理・工事・メンテナンスは、愛知県名古屋市天白区。
http://kawamo-aircon.com/

【キッチン】

吊戸棚の扉と照明器具には十分な距離があるか、当たってしまわないか。
冷蔵庫、食器棚を置いたときの使い勝手はどうか。
電化製品が集中する場所ですので、コンセントの数は充分あるかも見ましょう。

【押入れ、クローゼット】

平面的な収納力だけでなく、立体的な収納力にも注目します。
構造梁や天袋、枕棚があるとその分狭くなってしまいます。

【洗面所】

残り湯を再利用する場合もあるので、洗濯機とお風呂は近いと便利です。
窓の開閉の具合、防犯への配慮はされているか、脱衣籠のスペースはあるか、
シャワー 使いやすいか、取り付け位置はどうかなどもチェックします。

【バルコニー】

洗濯物干しスペースは充分か、壁付物干しの高さは充分か確認します。
エアコン室外機スペースはあるか、避難ハッチは邪魔にならないか。
床、梁等の段差のチェックもしましょう。
手すりの高さは110cm以上、柵の間隔は11cm以内が理想的です。

【部屋の広さ】

利用目的にふさわしい広さであるか、部屋の隅にデッドスペースはないか確認しましょう。
家具を置いたときドアは邪魔にならないか、ベッドは考えている場所に置けそうかなども、
目で見て、頭の中でイメージして確認してみてください。

【天井の高さ】

面積だけに目がいってしまいますが、天井の高さもとても重要です。
部屋の真中に梁等があると、梁等で照明が影となり、部屋が暗くなってしまいます。
壁際の梁下が低過ぎると、並べたかった家具が入らない場合もあります。